今朝の桜ショートテール琉金*インイン(櫻櫻)


大口を開けて餌が足りないアピール
絶対そんな事ないと思うの


昨日の夜まで転覆して逆さまになって浮いていたのですが、
これは隔離しても直らないだろうし、他の子達も攻撃する様子も無いので
故意にそのまま本水槽に居させました

今朝餌をあげるため水槽へ行ってみるとなんか復活していた。。。ホッ
でも餌を食べるとひっくり返るんだろうなぁ
ビオフェルミンとかあげたらどうなんだろう?と密かに思っています
多分この子は女の子なのだろうなと思います
なんとなく冷凍赤虫をあげた後に完全にひっくり返る気がするので
しばらくやめてみようかと思います
ええ 色々思いますとも もう転覆病ってなんなのさっ!

そんな込み入った場所から餌をあげた事無いですよ〜
なんでそこで待ってるんですかぁ(>_<)
iPhone5

D300S 金魚画像多数



桜ショートテール琉金のダイダイ(橙)は帰宅したら復活していましたぁ
ホッとした が うーむ


オキシデーターが原因か解りませんが、白勝ちのインイン(櫻櫻)は
一度復活した転覆症が又再発
ヒーターを入れて常時26度なんだけどなぁ
元々丸っこい体型なので、その辺も原因の一つかも


かわいそうだからサムネイルサイズのままにしておきます(>_<)


赤勝ちのホンホン(紅紅)


 黒っぽいヘイヘイ(黒黒)

白勝ちインイン以外の子は元気です


60cmワイド水槽


古株のジャパン元丹頂
プププププププッ


メタリック系の鱗の子は、この子のみ


引っ越しして来たピンポンパールの紅子と紅丸

元気です

紅子さんは3歳魚と書いてあったので、今年の7月で5歳になる!

紅丸
Nikon D300s + AF-S Micro NIKKOR 40mm F2.8G
Manualmode ISO:2000 SS:1/200~1/320 F3 中央1点Autofocus
AWB ピクチャーコントロール:カスタム 編集ソフト:CaptureNX2

90cmスリム水槽は一旦片付ける事にしました
今居る金魚さん達をじっくり可愛がろうと思います!



今朝の金魚達

ヨコイチさんに発送してもらった黒いスポンジフィルターと
Dr.BIOが届いたので水換え決行
昨日60cmワイド水槽をリセットして、ピンポン2匹を移しました
こちらは新しいスポンジフィルターに交換
 
 
新しい細目のスポンジフィルターは、すぐに水が出来るのでいいですねぇ(^o^)
 
 
 
75cm水槽は普通に水換え
こちらの水槽にはDr.BIOを入れました
茶コケが少しでも治まるといいな
 
で!
水換え後にオキシデーター液を1cm程入れ、後は水を入れたのですが

 
ダイダイが沈みました(。-_-。)
 
 
 
床にお腹をつけてジッとしているのって、普通じゃないですよね?
ピンポン長尾と舟尾の反応と似ているので、
すぐにオキシデーターを外して、水換えを再度しました
帰ったらどうなっているか心配だ(>_<)
 

金魚のアプリと写真付メモカレンダー

iPhoneで色々アプリを観ていたら、こんなのがありました
iPhoneの中で金魚を飼うアプリ





水の音が癒されます
餌もあげられるのですが、桜の花びらなんです〜
背景もいくつか用意されていて変えられます
育成ではないので面倒くさくなくてよいw

色々観ていたら なんと金魚の吉田さんアプリがあった!



薬の種類や用途や餌の事とか店舗の事が載っているらしいのですが
インストールしていないのでよく解らない(^_^;)
メニューが中国語っぽいのが謎

日本らんちう銘艦 ¥900-もする〜 ヒィィィ
らんちゅうと思っていましたが、らんちうっていうんですね?




長い事遊んで、やっとお目当てのアプリを見つけてインストールしました
写真を貼付けられる個人用のスケジュールカレンダーを探していたのですが
自分の事・自分の犬の事・金魚の水換え・金魚の消耗品を交換した日
買わなければいけないもの
これらを1アプリでうまく分けて記録出来ないものかと、さんざん探しました

フォルダでカテゴリ分けが出来る


金魚の日記を開くとこんな感じ

いつから飼い始めたのかもこれを見れば解るのだ!

全体的には、ずぼらでめんどくさがりですが、忘れっぽいので
こういうのはマメに付けています(^_^;)

更にカレンダー表示にすると

水換えの写真を全部同じにすれば、ぱっと見て解るのだ!

ズレにズレて、現在月曜日が水換えデーになってしまった
Android版もあるような事が書いてあったのですが。。。
というかAndroid版の方が先なのかな?
RainbowNoteです。有料です。¥350-しました。
Android版はもう少し安いかも?でも無いかも・・・。(^_^;)
無かったら適当な事言ってすみません



金魚日記

まずは、絶好調になったショートテール琉金達
 
60キューブ50gかな?の赤虫3個与えていますが.....。
 
 
ようです(^_^;)
 
ヨコイチさんに電話して相談した、青コケがどうしても着いてしまう
ピンポン水槽
 
 
リビングにおいてある水槽なので、程良くお日様があたる
金魚にとっては良いこと とのことなので
無駄な抵抗はやめました
 
苔をパクパク食べる紅丸
 
 
ぼっちのジャパン
この水槽も青コケが。。。
 

 
明日水換えの日なので、取り合えず落としちゃいます!
 
--- iPhone5撮影 iPadmini投稿
 

イカリムシ治療取りあえず終了!


今日桜ショートテール琉金ズは、本水槽へ戻りましたぁ
念には念を押したけど、再発する可能性もあるので
今後も要注意でイカリムシチェックをして行こうと思います!

60cmワイド水槽は、つぶころちゃんが1年経っても全く大きさが変わらず
おかしいなぁと思っていたら☆になりました
ピンポン2匹もフワフワ浮き出して、突然☆になってしまった(T.T)
本当に突然 えっ?!なんで?って感じ 特に外傷無し
もしかしたらオキシデーターの量に問題があったのかな?と思っています
それぐらいしか心当たりが無い!
内容が変わったのかな?以前の量で金魚が沈んだので
途中で取り出したのですが、間に合わなかったようだ
でも断定は出来ません
なので桜ショートテール琉金達の水槽は少なめに入れました


元丹頂の真っ白なジャパンだけが広い水槽を泳いでいます
ただこの子も全く成長しない 痩せている
これはオキシデーターとは関係ないと思われる

90cmスリム水槽のでっかいピンポン 紅子と紅丸は変わらず元気です
1台水槽を閉めるかどうするか考え中

まだまだイカリムシ治療は続く


75cm水槽はリフィッシュを投入してから1週間が経過したので
1度水をすべて抜き、ちょっと高め温度のお湯を入れて
再度リフィッシュを多めに投入
スポンジフィルターとカキガラ用のかごはゴシゴシ洗った
一緒にリフィッシュ漬け
カキガラは買ったばかりでしたが処分しました
水槽を丸ごと洗って天日干しとか出来るといいのですが
うちの環境では無理なので。。。リフィッシュで退治作戦


桜ショートテール琉金達は、成虫が寄生しなくなりました
赤勝ちのホンホンのお尻に小さな白い綿のようなものがついていて
毛抜きで取ってみると、それに卵っぽいものが2つ付着していた
卵なのか他の寄生虫なのか解らない。もしかしたらなんでもないかも
もう少しICUケースで様子を見る事に。再度リフィッシュ投入
念には念を!他の3匹は異常なし!


この子達はホント丈夫で治療も心配なく出来ます

イカリムシ退治は続く


イカリムシチェックをされた直後のショートテール琉金さん達
飼い主の手際が良くなって来たので、今日はブルーになっていない(^_^)

モザイクのヘイヘイは1匹も見当たらなかったけど
他3匹には数匹刺さっておりましたぁ

矢印のY字の糸みたいなのがイカリムシ

こいつが刺さっているところは蚊に刺されたように赤く腫れ上がっているので
だいたいどこに居るのかが解る
金魚をプラケースに個別に入れて、金魚をくるくる回しながら
キッチンの流しの蛍光灯の下で、ある程度幅のある毛抜きで抜いて行くのですが
コツを掴んでサクサク抜けるようになった(^_^;)
こっちが手際良くやると金魚も大人しくしていてくれる
ちょっと楽しんでいる私がいる。。。


餌は通常通り与えているので、1日置きに全水換えしてその都度リフィッシュを投入
成虫には薬は効かないようなので、刺さっていたら抜くを居なくなる迄続けるしかない
その間に卵を産んで孵化した幼虫をリフィッシュで退治 って感じかなぁ

飼育水槽の方は金魚がいないので、そろそろ成虫は餓死してると思うんだ
リフィッシュを多めに投入してあるので、孵化した幼虫も少しずつ退治出来てるはず
2、3日様子をみてリセットする予定!

Youtube 動きが良くなってきました


昨日完全に転覆してしまった白勝ちのインインですが
今日復活した
全金魚元気が出てきました

自分にトラブルがあった時にでも、最低限のお世話が出来る範囲の金魚の数を飼育する
金魚は生き物でコレクションの品物じゃない
誰か一緒に手伝ってくれる人がいるか、居なくてお世話が出来ない状態になりそうなら
里子に出してあげた方が生き続けられる
それが飼育者の責任だと頭に常に置いています
水槽3台 金魚数10匹
高熱が出て歩くのもやっとでもなんとかお世話出来るギリギリの数です(>_<)
前はもっと数が居たからちょっと反省

年末は夜11時迄びっちり仕事して 疲れ果ててお風呂にも入りたくなかったけど
ガラスの苔とりさぼって水換えだけするとかしてやりくりしましたw

イカリムシ完治迄じっくり治療しまーす

イカリムシ


 
わしづかみにされて気持ちブルーな桜さん達
桜ショートテール琉金達の体に、所々赤い部分があるので
傷?と赤勝ちのホンホンを捕まえて観察すると糸のようなものが。。。
毛抜きで引っこ抜いてみると、どうやらイカリムシってやつのようです
実はホンホンをお迎えした日にも、この糸のようなものがピロピロしていて
まさか寄生虫だと思わず、抜いてなんだろな?
位にしか思っていませんでした(。-_-。)
 
ヒーターを入れて常時26度と安定した温度でイカリムシには居心地が良かったのか
全員に移ってしまったので、1度本水槽からICU水槽へ移し
肉眼で確認できるイカリムシを毛抜きで抜き取り
常備していたリフィッシュを投与しました
サラッと書きましたが、ほっそい虫なのとバシャバシャ暴れるわで
結構大変な作業(>_<)
 
 
本水槽は孵化した幼虫を退治する為、すぐにはリセットせずに
同じくリフィッシュを投入
そのまま飼育水槽へ投入して金魚が居ても大丈夫な事が説明書にかいてあるのですが、
肉眼で見えるイカリムシを金魚の体から抜き取るために
広い水槽から金魚を捕まえるのは、私も金魚も負担なので。
 
1週間ほどしたらリセットして、もう一度リフィッシュを投入
その頃には、金魚達の傷も治っているかなぁ
75cmのこの水槽は、まぁ、それはそれは色々あります(^_^;)