トリートメント時の軽視

観パラDが届きましたが、試す事なく先ほど高頭パールのりぼんは☆になりました
薬に負けてしまったのか、
感染しているものに的を得た薬浴をしてあげられなかったのか、
不治の病だったのか まったくわからない!

パール系の金魚さんは良く充血します
そのほとんどは、水換えをすれば数日で引いてしまったり
グリーンFゴールド顆粒か、エルバージュの薬浴で
3日前後で薄くなり治っていた
今回のりぼんの充血は1度充血して上記の薬が全く効かず
1週間薬浴をしたのでこれ以上しても意味がないと判断して本水槽へ戻しました
その間それより前も水換えは週1行っていたし、スポンジフィルターも
定期的にお掃除していました
オキシデーターも常に補充しているし、
朝ご飯はミラクル茶漬け、夜ゴハンは冷凍赤虫です
でも約1ヶ月後に再発しました

りぼんほど赤いにじみの数はひどくなかったけれど
数ヶ月前に☆になった金魚の中に
購入した当初片方の腹びれ付近に赤いにじみがある子がいたんです
移動時のスレとかかな?とグリーンFゴールド顆粒で1週間のトリートメントと同時に
薬浴もしました
消えなかったんです・・・。1日延ばしてエルバージュで24時間薬浴もしました
消えなかったんです・・・。
薬浴しても消えないってことは、こういう子なの?
と軽視して本水槽へ入れてしまいました
数ヶ月は元気にしていましたが、徐々に傾き始め☆になりました
あの赤いにじみをもっと疑問を持って追求すれば良かったと後悔しています

もしもそれが寄生虫や細菌によるもので、りぼんにうつったのだったら
今居る他の子達も症状は出ていなくても感染している可能性大です
でも症状が出ていないという事は寄生虫か細菌が細胞内に隠れているということ
細胞内に隠れている寄生虫や細菌に薬浴しても効果はありません
金魚にただ負担をかけるだけ
体調を崩した時に出て来た寄生虫か細菌を薬浴でやっつけるか
そのまま体調を崩さないようにして、細胞に留まって頂くかだ
今出て来られても、どの薬が適しているのか解らない状態なので困る!

それに以前から気になっていたのですが、
高頭パール水槽は7匹を超えると誰かしら調子が悪くなる
本当は6匹が理想で、7匹がギリギリ
それを超すと水槽の面積と水量的に無理が出てくるのでは?と感じました
どうしても8匹とかになってしまうのなら
週1の水換えではダメだったのかしら と。
75x45x45で水量120Lです
今丁度7匹になってしまいました(T.T)
なのでこれ以上金魚さんを増やさず、現状維持で水管理をして行こうと思います はぁ

2 コメント:

  1. さんのコメント...:

    おはようございます。
    りぼんちゃん、残念です(T_T)一度ピンポンの顔が赤くなる病気?を経験しましたが、やっぱり何をしてもダメでした(T_T)
    顔が赤くなるのは何なんだろう?とても手強い症状ですね
    (;_;)

  1. Yuko .S さんのコメント...:

    佳さん おはようございます

    丁度7月19日でお迎えしてから丸1年だったので、とっても残念です
    でも何かを怠ったからそうしてしまったわけでもないし、色々調べて
    自分に出来る事をしたので、がっかりはがっかりですが納得しています

    お顔の充血なんでしょうね〜! 今更なのですが、細菌系の薬をがんがん飲ましちゃったら良かったかなと思っています
    リフィッシュはちょっと強すぎる薬のようです
    リフィッシュで弱らせてしまったような気もします(>_<)
    次回試す時はトロピカルの方にしてみます

コメントを投稿