白点病の季節


ピンポンパール60cm水槽
何気に先週の土曜日、に白点を発見
ああ 梅雨に入るし白点病の時期かぁ
新入りのキャリコピンポンパールに出ていないのが不思議 もしや君が・・・。
日曜日が丁度水換えの日だったので、日曜日に水槽をリセットして
ヒコサンZを規定量の気持ち少なめを入れて現在に至ります
ほとんどもう白点は見られません

スポンジフィルター・オキシデーター・牡蠣殻等
飼育状態そのままの水槽へヒコサンZを規定量投入で治っちゃうんですよねぇ
治ったと思ってもまた再発する!とのことなので
今度の日曜日に半分水換えをして、水換えをした分ヒコサンZを投入する予定です
そして更に1週間様子見

最初は ぎゃっ!白点病だ!と焦りました
ヒコサンZを規定量投入しても、パッと落ちる訳ではないんです
次の日には尾びれの白点が増えていたりします
3日後なのに変化がないぞ という子もいたりします
薬効いてないんじゃないか?とか水換えもう一回した方がいいのか?とか
いらんことを考えたりするのですが、それはホントにいらんこと
薬入れたらパッと落ちるほど効き目があったら、金魚も死んじゃうよう〜
金魚の薬ってのは、ゆっくり徐々に効くんですよねぇ
5、6日頃にやっとこ減り始めるんです
だいたい金魚とか熱帯魚の水槽って1週間に1度水換えをすると思うので
やっと効き始めて見た目には白点が見えなくなったと思うけども
やっと効き始めた所だから残っているかもしれないし、再発しちゃうかもなので
念のため再度お薬入れておきましょうねって事なんだと思いまーす

0 コメント:

コメントを投稿