投げ込み式スポンジフィルターの気泡を細かくする

ちょっと良く解らなかったので、スポンジフィルターの構造が載っているサイトを見つけ
独自にやってしまったので、違うかもしれませんが
一応細かい泡が出るようになったのと、
黒いスポンジフィルターもしっかりゴミを吸っているので
写真と共に紹介したいと思います

60cm水槽用の少し大きめのスポンジフィルターのスポンジを外すと
黒い網の筒が2段に連結されています
エアーストーンを取り付けたのは、上の段の底側です


ちなみに今回は出来るだけ細かい泡が出てほしかったので
いぶきのセラミック#180(通常気泡は#100)を使用しました
1個¥368-程度です






そしてこれだと下の段の棒につっかえて連結出来ませんので
下の段の棒を取り外します

土台から外すとこのように棒の根っこがありますので
8本の土台棒をニッパーやカッターなどでチョッキンチョッキンしちゃいます

取り外しました


そして土台に差し込んで元に戻します


棒が無くなったので、上の段を取り付けます



スポンジをはめ込み上のフタをガッチリセット


うちはこの上に排水溝用のカゴをセットして、カキガラを直接入れているのですが
今回は試しに小さく小分けされているカキガラパックを購入してみました

良くすすいでセット

多過ぎたら半分にちょんぎって一個にして使えるらしい
更にこのネットはカキガラを隙間からこぼさない仕様らしい
2連1組が4個入って80L用だそうです
うちの90cm水槽は70L〜75Lなので、2連ずつ2カ所に分けて設置しました
まぁこの辺は個人事情なのでスルーしてください


とっても優しい細かい気泡が出るようになり、音もボコボコから
シャワ〜〜〜 に変わりました




スポンジがちゃんとゴミを吸っているのかしばらく観察してみたら
ちゃんと吸っているようなので、これで様子をみます
1個気になるのが、エアーストーン部より下の空間
ここに空間が開いて大丈夫なのだろうか?と言う事
まぁ でもゴミを吸っているので問題ないと思います!

ラベル:

0 コメント:

コメントを投稿