海外はやっぱり進んでいる

金魚 目の腫瘍の手術
苦手な方はスルーして下さい



仔犬のワクチンの時に20年以上お付き合いのある獣医さんに
金魚の事は解るか聞いてみよう
私が今気になるのは、転覆病の事と金魚に膵炎が存在するのか?
金魚には内耳しか存在しないらしいですが
それと転覆病の関連
平衡感覚を失ったような泳ぎ方をする金魚がいるのですが
浮き袋だけの問題なのか?耳と関係はしていないか?
さかなくんに聞いた方が早そうだなぁ(^_^;)

ラベル:

2 コメント:

  1. yuko.sさん こんばんわ。
    ほんと世界は広いですね!
    興味深い動画ですね。

    魚医さん。。。。。
    よくお店で私から話題のでる話です。
    金魚が、今以上にペットとして
    世間で認知されればいつかの日か
    魚医という職業もできる日がくるかも知れませんです。

    現在の金魚の難病は、転覆病、沈没病、腎肥大、
    痩せこけ病(餌を食べても痩せていく。正式名知らず。汗)
    などでしょうか。。。。。。

    今でも大切な金魚を助けたい方は多いです。
    犬や猫に獣医さんがいて日々奮闘してられるように
    金魚にも魚医さんが、職業として認められて多くの金魚の命が
    救われる日がいつかの日か来ることが私の夢の一つです。

    何か有力な情報が入手できましたら、教えて下さい。(^_^)ゞ

  1. Yuko .S さんのコメント...:

    よこてんさんこんばんは

    やってみようと思う獣医さんも、やってもらおうと思う飼い主さんもすごいですね
    この手術は比較的簡単なのと、金魚さんの種類が丈夫だから成り立ったのかなぁと観ていました

    血液検査と検便が出来ればある程度の病気が割り出せそうな気がしています
    転覆病に関しては未知ですが
    検便なら可能だと思いますが、血液検査となると血液が5ccはほしいといつも言われますので
    その辺がネックなのかなぁと思って居ます
    もしも血液検査が出来たとして、犬や猫と同じような数値が出るのだろうか?興味深いですよね
    出たとして、犬や猫の薬が代用出来るのかどうか
    取り合えず膵臓酵素が金魚に害が無いかどうかだけでも聞いてみます!

コメントを投稿